蒼い世界の中心で 公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32話あとがき
今週は人気投票を行っているということもあり
多くの質問もよせられました。
スロヴィア四天王が弱すぎでは という意見も多かったですが
彼らはべつにスロヴィアTOP4というわけではありません。
それなりに強いですが 「四天王っていいたいだけ」 みたいな存在です。
キラーではありません。
彼ら「四天王」よりも強い キラーたちはスロヴィアには多く存在します。
すでに登場している 
王女 クリスタル 
王女の親友 ヤヤ 
王女の好敵手 アリシテッド
の他にも

・進化する英雄 セブーナ
・重戦士 フロトン
・完成の一歩手前 エグマル
・時を翔ける聖女 クローディア
・マナ
・グラント
・ゼルギス
などが在籍しています。

蒼い世界の中心で31話
クリスタルは褐色の肌なんですか? という質問をいただきましたが
褐色の肌ではありません。
TOP絵ではちょっと肌が褐色っぽく見えますが 表現上そうなっているだけで
実際はかなり色白のほうです。


ミョムトはコンサートで歌うわけではなく
楽器の演奏を行います。
笛 竪琴などが得意です。
楽団を率いて公演しています。
今まで3回しかやっていません。
30話
頭脳戦というか心理戦だった30話でしたが
あまりこういう話は慣れていないので苦戦しました。
どのくらい説明したらいいのか?
あまり説明しすぎると面白くないのか?
説明がないと分からなくて面白くないのではないか?
そもそも面白いのか?
など いろいろ分からないことだらけでした。

今週からスロヴィア編に突入です。
今までのシリーズよりもやや長いストーリーになると思います。
ある意味 最も重要な部分も出てきます。

今週のあとがき
今週は予告です。来週は久しぶりに大増ページでお送りしますので
楽しみにしていてください。
ファンブックも一周年にあわせて発売したいと思っているのですが
間に合うかどうかわかりません。
ちなみに4月26日で一周年です。
ファンブックで掲載する予定の内容は以下の通りです。

キャラクター詳細データ 
 ・身長 
 ・体重 
 ・好きなもの 
 ・強さデータ 
 ・裏設定 
  など

なんでもランキング 以前アンケートで募集した 見たいランキングの中からいくつかを紹介
 ・腕相撲ランキング
 ・頭のよさランキング
 ・S度ランキング M度ランキング
 ・大食いランキング
 ・巨乳ランキング
 ・似てる(?)ランキング
 など

蒼い世界の中心でトリビア

キャラクター相関図

S社社員と禁断の対談

イラストコーナー

他にこういうコーナーが欲しいという意見があれば
アンケートまたはブログのコメント欄へどうぞ。
よろしくおねがいします。

29話
今週 カーヴァイが最後 ゼリグにおもいっきりスマッシュされていましたが
カーヴァイはそれほどダメージは受けていないので
安心してください。
あの二人は仲いいです。

カーヴァイは純粋なニンテルド人ではなく
今はなき島国の研究所出身です。
ゼリグによって力を見出されて6将軍入りしたので
ゼリグになついています。

グリージはとくに誰とも仲良くありません。

ファーエとゼリグも多少仲がいいです。
ファーエもゼリグほどではないにせよ 結構頭がいいほうで
ゼリグは6将軍では唯一 話のレベルが合うということで よく話しています。

マルクスとゼリグも師匠が同じということで 仲はいいです。

6将軍はわりと行動がバラバラになりますが
そんなときはファーエがなんとか間をとりもっている感じです。

28話
28話更新しました。
今週は短くてすいません。
しばらくはそれほど盛り上がる回もないので
地味な感じで連載していくかと思いますが
また盛り上がる回になってきたら40ページ超くらいで掲載していきますので
楽しみにしていてください。

13話のゼリグの登場シーンが少し変わりました。
気になる方は見てみてください。
13話はやたら修正されていますね。
25話
26話更新しました。
このお話は本来はオパール編の前に来る予定だったのですが
テジロフが思ったよりも人気が出てしまったので
もうちょっと後にすることにしました。

テジロフが今後まったくでなくなると言うことは無いので
テジロフファンの方は安心してください。

テジロフの必殺技はロシア語ですが表記としては
Смертельный удар スメルテルニー ウダル
Оборона オボロナ
です。
第25話
今週の話で出てきた「社会主義」という語句についてですが
一般的な社会主義というともっといろいろな意味があるので誤解のないようにおねがいしいます。
ここででてきた「社会主義」はあくまでも「ロルグ型の社会主義」であり
まあ現実の世界にたとえるのなら「ソ連型の社会主義」に近いかと思います。

十分な準備をして望んだ今回ですが
いざアップ前に読み返してみると面白くないというか
何か早すぎてついていけない感じがあったので
直前になってかなり修正しました。
24話のあとがきをみたら分かるかと思いますが
ごっそり削られたページもあります。

25話前編
今週は短かったですが来週は40ページ以上の長編になります。
どうもうまく20ページ前後で区切ることができなかったので
このような形になりました。

次回予告からも分かるかと思いますが
来週はテジロフ過去編です。
このお話も「史実」とは関係ない話なので外伝的な扱いです。


24話 解説
今週はちょっと「本筋」とは離れた内容だったので
全面的にカットしようかどうか迷いました。
基本的には外伝的なものと思ってください。

オパールの父はとにかく妻のことだけが大好きで
妻に対して向けた愛情を同じように娘に向けることはありませんでした。

妻メノンが死んだのはオパールが5歳くらいのときです。

ちなみにセグアの税制は日本の税制とは少し違います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。